MRの医薬・医療業界での転職支援・人材紹介
  • ホーム
  • MCの特長
  • 転職支援サービス
  • 簡易登録
  • FFS診断
  • NewsWEEC Pick Up
  • WEEC REPORT
  • プレノミネート
MRの医薬・医療業界での転職支援・人材紹介
  • ホーム
  • MCの特長
  • 転職支援サービス
  • 簡易登録
  • FFS診断
  • NewsWEEC Pick Up
  • WEEC REPORT
  • プレノミネート

ホーム > NewsWEEC Pick Up > 元エリートヤンキーMRの独り言 > アステラスが武田を抜く




NewsWEEC Pick Up メディカルキャリアのメールマガジン『NewsWEEC』から、選りすぐりのコンテンツを掲載


全員閲覧可

アステラスが武田を抜く

2014年10月21日 火曜日

国内製薬メーカーNo.1である武田薬品工業(以下武田)ですが、ある指標でアステラス製薬(以下アステラス)に一時トップを譲りました。それは、時価総額という指標です。皆さんも聞いたことはあるかと思いますが、ウィキペディアでその意味を調べてみました。

 

時価総額(じかそうがく)

株式時価総額とは、ある上場企業の株価に発行済株式数を掛けたものであり、企業価値を評価する際の指標である。時価総額が大きいということは、業績だけではなく将来の成長に対する期待も大きいことを意味する。時価総額は企業尺度や企業の実力の一面にしかすぎないが、市場の期待値を反映した尺度の一つであり、一般には企業の利益や資産が大きいほど時価総額も高くなる。しかし、株価は時に過大(過小)評価される場合があるため、絶対的なものではない。

 

今まで時価総額で武田の半分でしかなかったアステラスが、この一年で逆転した理由とはなんでしょうか。 まず考えられるのは武田の自滅です。

(1)ブロックバスター4品が特許切れ、売上はM&Aで維持も利益は大幅減。

(2)それに取って代わる新薬の開発が頓挫してしまった。

 

では、アステラスの成長要因はなんでしょうか。

(1)ブロックバスターの特許切れで苦戦も、それを補う新薬が育っている。

(2)自社の存在価値を特定市場に定め、目標がしっかりとしている。

 

しかし、これだけではアステラスが武田を逆転した理由にはなりません。なぜなら、武田の時価総額も増えているからです。それは、市場からの要請と期待がアステラスに向けられたということでしょう。

 

武田が社長をGSKから招聘し、国際化という名のもとに外資へと変貌しつつあるとき、ナショナルシップとしてアステラスへの期待が高まり、それに応えるべく、畑中社長は東洋経済誌上で「買収の標的になるような会社でありたい。アステラスの名前がなくなっても構わない」とまで言い切っています。

 

同時に、第一三共との合併が噂されています。元々、三共・山之内・エーザイ・藤沢の4社合併を画策し、最終的に山之内と藤沢によるアステラス製薬が誕生したという経緯もあり、10年を経て大合併という結実を見るかもしれません。もし実現すれば売上2兆円を超え、世界9位のメガファーマとなります。これをきっかけに、外資を交えたM&Aの第2ラウンドが始まります。

 

10/10時点の時価総額(単位:10億円)

製薬メーカー 

17位 武田薬品工業            3622

18位 アステラス製薬         3618

40位 大塚HD                    2092

50位 中外製薬                  1844

75位 エーザイ                  1257

84位 第一三共                  1162

93位 小野薬品                  1067

 

全企業  

1位 トヨタ自動車             21259

2位 ソフトバンクHD          8525  

3位 三菱UFJFG                 8251

5位 NTT                          7174

10位 みずほフィナンシャルGr      4602

15位 ファーストリテイリング       4019

20位 三菱商事                  3359

25位 JR東海                     2932

30位 キーエンス               2746

35位 野村HD                    2350

45位 東芝                        1932

60位 楽天                        1546

70位 大和証券グループ      1388

80位 JXホールディングス   1201

90位 アイシン精機            1088

96位 JAL                         1017

全員閲覧可

『他山の石』と『対岸の火事』

2017年12月20日

全員閲覧可

ベーシックインカム

2017年11月22日

全員閲覧可

新規参入者

2017年10月25日

全員閲覧可

ワトソン先生

2017年9月27日

全員閲覧可

パラダイムシフト

2017年8月30日





他の連載コンテンツ