MRの医薬・医療業界での転職支援・人材紹介
  • ホーム
  • MCの特長
  • 転職支援サービス
  • 簡易登録
  • FFS診断
  • NewsWEEC Pick Up
  • WEEC REPORT
  • プレノミネート
MRの医薬・医療業界での転職支援・人材紹介
  • ホーム
  • MCの特長
  • 転職支援サービス
  • 簡易登録
  • FFS診断
  • NewsWEEC Pick Up
  • WEEC REPORT
  • プレノミネート

ホーム > NewsWEEC Pick Up > 元エリートヤンキーMRの独り言 > 中間決算から見えるものⅠ




NewsWEEC Pick Up メディカルキャリアのメールマガジン『NewsWEEC』から、選りすぐりのコンテンツを掲載


全員閲覧可

中間決算から見えるものⅠ

2014年11月12日 水曜日

先週末までに、国内の主要製薬メーカーの中間決算が発表されています。外資のこの間の売上げは把握できませんが、市場の変化を捉えるには参考になります。

(四半期決算から、国内医療用医薬品の4-9月期の対前年の増減率を抽出)

 

今回の決算の要因は下記の3点に集約されます。

(1)   薬価改定・消費増税前の駆け込み需要の反動

(2)   長期収載品の薬価引き下げ

(3)   調剤報酬の改定によるジェネリックの増加

 

武田薬品                ↓2.6                    連結            ↑2.8

アステラス             ↓7.1                    連結            ↑9.3

第一三共                ↓2.6                    連結            ↑1.7

エーザイ                ↓11.6                  連結            ↓12.8

中外                      ↑2.0(12月決算のため4-9実績で比較)

大日本住友             ↓7.7                    連結            ↓1.7

田辺三菱                ↓9.2                    連結            ↓1.9

塩野義                   ↓4.9

小野薬品                ↓11.8

協和発酵キリン       ↓7.3

大正富山                ↑1.1

参天                      ↓?                     連結           ↑3.8

久光                      ↓0.4(3-8月実績なので4-9月は更に下振れ)

持田                      ↓6.4

キッセイ                ↑1.9

科研                      ↑1.2

あすか                   ↑15.8

日本ケミファ          ↑13.1

沢井                      ↑17.0

東和                      ↑17.0(予想)

日医工                   ↑23.1

 

新薬メーカーの国内販売は、軒並みダウンしています。トップ3社は、海外が好調で連結では増収を確保していますが、オンコ中心の中外と新薬が貢献した数社が手堅く増収を確保した以外は、連結においても減収になりました。その反面、GEが好調だった科研は増収を確保し、ブロプレスAGを発売したあすかを含めGEメーカーは大幅な増収となっています。 次回は、メーカーの戦略と、それがMRに与える影響について見ていきます。    

 

全員閲覧可

『他山の石』と『対岸の火事』

2017年12月20日

全員閲覧可

ベーシックインカム

2017年11月22日

全員閲覧可

新規参入者

2017年10月25日

全員閲覧可

ワトソン先生

2017年9月27日

全員閲覧可

パラダイムシフト

2017年8月30日





他の連載コンテンツ