MRの医薬・医療業界での転職支援・人材紹介
  • ホーム
  • MCの特長
  • 転職支援サービス
  • 簡易登録
  • FFS診断
  • NewsWEEC Pick Up
  • WEEC REPORT
  • プレノミネート
MRの医薬・医療業界での転職支援・人材紹介
  • ホーム
  • MCの特長
  • 転職支援サービス
  • 簡易登録
  • FFS診断
  • NewsWEEC Pick Up
  • WEEC REPORT
  • プレノミネート

ホーム > NewsWEEC Pick Up > 元エリートヤンキーMRの独り言 > 信頼されるMRになるための極意Ⅳ




NewsWEEC Pick Up メディカルキャリアのメールマガジン『NewsWEEC』から、選りすぐりのコンテンツを掲載


全員閲覧可

信頼されるMRになるための極意Ⅳ

2014年10月30日 木曜日

○得意分野を必ずつくる

 

MRとして天性の才能を示す人はいるでしょうが、そのような人はごくまれな存在で、ほとんどのMRが何がしかの努力を必要としています。この場合、性格を変えることが出来れば簡単な話でしょうが、私のマネジャーとしての経験から、二十歳を超えた人の性格は変えることが出来ません。これに気付くまでは、部下の欠点を指摘し、その修正を求めることが多々ありました。しかし、欠点を修正することは簡単な事ではありません。特に、性格上の問題であればなおさらです。

 

私のマネジャーとしての最初の壁は、部下の欠点ばかりが目につき、レベルの低さを嘆き、仕事を任せることが出来なくなり自分で抱え込むことでした。その結果、営業所の実績は上がらず、焦りからまた欠点の修正ばかりを求め、ジレンマに陥ってしまいました。

 

1年が過ぎようとした時、一人一人を見ると自分にない輝くものを持っていると感じひらめきました。欠点は治せないが、得意分野であればいくらでも伸ばせるのではないかと。当時の部下は15名でしたが、視点を変えると全員が輝いて見え、私が取り柄のない人間に思えてきました。その中で3名を取り上げ、得意項目を期の目標設定に加えて、より一層努力することを求めました。

 

A PCの達人、得にMacに関してはオタク的存在
B スキー・スノボーA級ライセンス、20フィートヨット所有
C 世界どこへでも一人旅、現地に溶け込み生活を体験

 

医師との会話でも自信を持った話ができると、その自信がプロモーションにも反映してきます。人と違った趣味や経験また努力は、医師の知的興味を呼び起こす最大の武器となります。

 

その結果は、思いのほか早く実績としてでてきました。ワースト10常連の営業所が、評価で60営業所中3位(東京支店内1位)となり、6期継続して本部表彰を受けるまでとなりました。特筆すべきは、この期は全員標準以上の評価が付いたということです。

 

得意領域を持つということは、欠点を隠すというメリットもあります。欠点を直すことは難しいことですが、長所(得意領域)を伸ばすことはそれほど難しいことではありません。

全員閲覧可

『他山の石』と『対岸の火事』

2017年12月20日

全員閲覧可

ベーシックインカム

2017年11月22日

全員閲覧可

新規参入者

2017年10月25日

全員閲覧可

ワトソン先生

2017年9月27日

全員閲覧可

パラダイムシフト

2017年8月30日





他の連載コンテンツ