MRの医薬・医療業界での転職支援・人材紹介
  • ホーム
  • MCの特長
  • 転職支援サービス
  • 簡易登録
  • FFS診断
  • NewsWEEC Pick Up
  • WEEC REPORT
  • プレノミネート
MRの医薬・医療業界での転職支援・人材紹介
  • ホーム
  • MCの特長
  • 転職支援サービス
  • 簡易登録
  • FFS診断
  • NewsWEEC Pick Up
  • WEEC REPORT
  • プレノミネート

ホーム > NewsWEEC Pick Up > 元エリートヤンキーMRの独り言 > 国内メーカー中間決算




NewsWEEC Pick Up メディカルキャリアのメールマガジン『NewsWEEC』から、選りすぐりのコンテンツを掲載


国内メーカー中間決算

2015年11月11日 水曜日

国内メーカーから第2四半期の決算発表がなされましたので、先週末までの発表内容をまとめました。昨年は、薬価改定とジェネリックの影響でほとんどの新薬メーカーが減収となり、ジェネリックメーカーは大幅増収を記録しています。今年は、大きな要因がなく、各メーカーの状況を反映した中間決算となっています。

 

国内医療用医薬品販売額[億円](前同%)

●武田薬品 2,720(-4.0) 新製品は出るがブロプレス44%減をカバーできず

●アステラス 2,400(4.6) イクスタンジ、主力品の成長で長期収載品をカバー

●第一三共 2,278(2.3) ネキシウム、メマリーが伸長、オルメテックは微減

●大塚HD※1 1,811(6.0) エビリファイ、サムスカ、イーケプラが続伸

●中外製薬※1 1,791(8.3) オンコ領域16.7%増、年間2,000億円突破か?

●田辺三菱製薬 1,473(-5.3) レミケード競争激化、競合新薬・BSと

●協和発酵キリン※1・2 1,353(13.0) ネスプ堅調、アバスチンBSをAZと開発

●エーザイ 1,182(-4.9) アリセプト、パリエット続落、オンコ、CNS注力

●塩野義製薬 784(1.9) サインバルタ大幅増、クレストール在庫圧縮で微減

●大日本住友製薬  740(-5.3) 長期収載品二桁減、ラツーダの国内開発再挑戦

●参天製薬  691(23.3) アイリーア85%増、新薬順調、抗リウマチ領域売却

●日医工  690(13.2) プラビックスAGが順調、レミケードBS申請

●小野薬品  646(7.1) グラクティブ維持、主力品伸長、オプジーボはまだ先

●沢井製薬  590(17.2) DPC病院大幅伸長、生産設備増強、開発センター竣工

●大正製薬HD  527(0.7) ゾシン、エディロール伸長も後発品影響、ルセフィ減

●ツムラ  523(4.1) 西洋医学的アプローチ+疾患・症状アプローチ展開

●キョーリン製薬HD  490(1.5) 呼吸器の新製品伸長、長期収載品・GE減少

●科研製薬※2  487(25.1) アルツ横這、クレナフィン、GE順調

●持田製薬  433(7.2) 循環器減少、中枢神経伸長、バイオシミラー品揃増

●久光製薬  444(-3.8) 後発品の影響で減収、フェントステープ伸長

●日本新薬  322(9.5) 泌尿器・骨形成・婦人科の新製品が伸長

●旭化成ファーマ  371(-1.3) 後発品の影響あり、テリボン、リコモジュリン堅調

●キッセイ薬品  246(2.8) 後発品の影響あり、ユリーフ堅調グルべス伸長

●鳥居薬品※1  294(9.3) 高リン血症リオナ、HIVスタリビルド配合錠急伸    

●日本化薬 248(2.5) オンコロジージェネリック増収、レミケードBSに集中

●あすか製薬 189(-10.9) ブロプレスAG等の武田系は急伸、減収は別要因

●味の素製薬 176(-5.9) 後発・競合品で減収、消化器はエーザイと別会社設立

●ケミファ 169(-1.0) ジェネリック比率90%超、ジェネリック供給を倍増

●日本ジェネリック 154(14.8) 内部取引を含む 100億錠生産体制を整備

 

※1 決算月が異なるため1-6月集計

※2 国内医療用医薬品以外を含む

 

参考 連結売上上位10社 

 

                        第2四半期連結売上 第2四半期純利益 

武田薬品             9,040(6.2)          543(-5.4)    

大塚HD※1              7,458(1.6)          685(21.4)      

アステラス            6,875(15.7)      1,029(47.1)    

第一三共             4,784(11.4)        706(40.5)    

エーザイ             2,755(2.4)          111(5.9)      

中外製薬※1            2,402(8.2)          432(0.2)        

田辺三菱製薬           2,017(1.4)          291(-10.4)    

大日本住友製薬        1,898(11.6)        132(12.4)  

協和発酵キリン※1 1,788(13.0)          95(3.7)      

塩野義製薬              1,382(6.5)         214(120.2)    

 

                           年間売上予想 年間純利益予想

武田薬品           18,200(2.4)        680( - )

大塚HD           13,800(-13.2)      800(-47.2)

アステラス          13,840(11.0)   1,720(26.6)

第一三共             9,800(6.6)       750(-76.7)

エーザイ             5,565(1.5)       270(-37.9)

中外製薬                 4,865(5.5)       850(16.4)

田辺三菱製薬           4,180(0.7)       460(10.0)

大日本住友製薬      4,010(8.0)         200(29.5)

協和発酵キリン      3,600(8.0)         276(63.5)

塩野義製薬            3,015(10.0)       590( 33.9)

 

次回は、この決算内容を読み解いていきたいと思います。

全員閲覧可

『他山の石』と『対岸の火事』

2017年12月20日

全員閲覧可

ベーシックインカム

2017年11月22日

全員閲覧可

新規参入者

2017年10月25日

全員閲覧可

ワトソン先生

2017年9月27日

全員閲覧可

パラダイムシフト

2017年8月30日





他の連載コンテンツ