MRの医薬・医療業界での転職支援・人材紹介
  • ホーム
  • MCの特長
  • 転職支援サービス
  • 簡易登録
  • FFS診断
  • NewsWEEC Pick Up
  • WEEC REPORT
  • プレノミネート
MRの医薬・医療業界での転職支援・人材紹介
  • ホーム
  • MCの特長
  • 転職支援サービス
  • 簡易登録
  • FFS診断
  • NewsWEEC Pick Up
  • WEEC REPORT
  • プレノミネート

ホーム > NewsWEEC Pick Up > 元エリートヤンキーMRの独り言 > 新規参入者




NewsWEEC Pick Up メディカルキャリアのメールマガジン『NewsWEEC』から、選りすぐりのコンテンツを掲載


全員閲覧可

新規参入者

2017年10月25日 水曜日

医薬品メーカーの体質転換が叫ばれていますが、生活習慣病の時代が終わり、MRの存在価値が問われるようになっています。16年度のMRの総数は約63,000名で前年と比較してほぼ横ばいです。しかし、各社ともMRの方向性が明確ではなく、MRのプロモーション活動にも新しい参入者が現れるようになりました。今回のメルマガでは、この参入者についてみてみます。

新規参入者は、2種類に大別されます。
1 協力関係から競合関係へ(卸・CSOの新規事業)
2 新しいテクノロジー(WebやAIの活用)

1 協力関係から競合関係へ(卸・CSOの新規事業)

・シミックは、複数メーカーの同一領域における非競合品を同社MRがプロモーション活動を行う「シンジケートセールスフォース」を本格展開しています。メーカーは、MRを減らし、オンコロジーやバイオへリソースを割く傾向が強まると予想し、手薄となるプライマリー領域のプロモーションを請け負うことで、メーカーにおいてプロモーション量の確保を提案しています。

・メディパルは、医薬品のプロモーション代行業務を開始しています。MRの資格を持つMSが、メーカーのMRと同様に医療機関にプロモーション活動をします。医薬品卸は、利益率が1%と低迷する中、プロモーション代行事業を新たな収益源と考えています。メーカーは基幹病院を中心にMRを配置し、中小病院やクリニックは卸が請け負うという発想です。全国の供給網を医薬品のプロモーションに活用できると考え、この3月時点で2000人のMR資格者を抱えています。

・アルフレッサは、MSの医療経営士認定試験合格者が500名に達しました。地域包括ケアの考え方や用いる専門用語をMSも身に着けることで、地域で生じる課題やニーズの解決に積極的に対応できるようにするのが狙いで、今後も増員を図る方針です。この方針はメーカーのエリア担当の方向性とも重なり両者が業務で重なることになります。

卸・CSOの新規業務は、MR業務の代替を目指すものであり、メーカーMRとの直接の競合関係が発生することになります。今までの業務の協力関係が、棲み分けのボーダレス化による競合関係へと変質するかもしれません。

2 新しいテクノロジー(WebやAIの活用)

・エムスリーは、在宅医療の医師に特化した医薬品のプロモーションサービスを始めました。MRが接触しにくかった在宅医にネットで代替し、メーカーから販促費を得る事業モデルです。在宅医に特化した医師向けサイト「在宅君」を展開します。今後、地域全体で高齢者を支える「地域包括ケア」の進展で在宅医の役割は拡大すると見ています。

・日本IBMは、武田薬品にAIでMRの業務を支える仕組みを提供します。AI技術を使うコンピューター「ワトソン」を使ったシステムを開発しました。AI活用で医薬品情報の検索にかかる時間を導入前に比べて半減でき、MR活動の効率化が図れます。同様に第一三共には木村情報技研を通してコールセンターのシステムを提供しています。

・エイザスは、AIサービス「Forecast-A1」のターゲティング医師分析でMRの生産性向上を目指します。「Forecast-A1」が発見したディテール反応度が高い医師をより多くカバーすることで、売上が予測以上に上昇することが証明されたと発表しました。この機能により、MRはより効率的な活動が可能になるとしています。

新しいテクノロジーは、人間の仕事を大きく変えるといわれています。野村総研の推計では、日本の仕事の49%がAIの進展で消滅するといわれています。上記はMR業務の効率化をうたっていますが、その先はMRのプロモーション業務の代替にたどり着きます。

テクノロジーでMR業務の効率化を進め、プライマリーやエリアのプロモーションを外部に委託すれば、メーカーのMR数が大幅に削減されることになるでしょう。これは、製薬メーカーに限ったことではなく、一般企業では今までも行われてきたことです。今後MRとして生き残るのか、活躍の場を広く求めるのか、選択を迫られる時期がそこまで来ています。

全員閲覧可

『他山の石』と『対岸の火事』

2017年12月20日

全員閲覧可

ベーシックインカム

2017年11月22日

全員閲覧可

新規参入者

2017年10月25日

全員閲覧可

ワトソン先生

2017年9月27日

全員閲覧可

パラダイムシフト

2017年8月30日





他の連載コンテンツ