MRの医薬・医療業界での転職支援・人材紹介
  • ホーム
  • MCの特長
  • 転職支援サービス
  • 簡易登録
  • FFS診断
  • NewsWEEC Pick Up
  • WEEC REPORT
  • プレノミネート
MRの医薬・医療業界での転職支援・人材紹介
  • ホーム
  • MCの特長
  • 転職支援サービス
  • 簡易登録
  • FFS診断
  • NewsWEEC Pick Up
  • WEEC REPORT
  • プレノミネート

ホーム > NewsWEEC Pick Up > 勝手になんでもランキング > 「ここ1年での新会社設立」




NewsWEEC Pick Up メディカルキャリアのメールマガジン『NewsWEEC』から、選りすぐりのコンテンツを掲載


全員閲覧可

「ここ1年での新会社設立」

2014年10月21日 火曜日

1位 MSD              日本MSDの設立

2位 GSK               アスペンジャパンの設立

3位 マイラン         日本法人再設立

4位 エムスリー    エムスリーマーケティング設立

5位 シミックMPSS シミック・アッシュフィールド設立

 

5社に共通するのは「MRの人件費適正化策」と言えるでしょう。

 

MSDはリストラ後、転勤不要の地域限定MRだけで組織する日本MSDを設立しました。給与は下がりますが、転勤が無いことから、女性や高齢者を中心に組織するとされています。GSKOB・OGの有効活用策を取り入れたとされますが、本体のMR人件費をおさえるべく受け皿になるとも見られています。

 

GSKは、来春から評価制度がプロセス重視に切り替わります。これは人件費抑制策への布石とされており、オーソライズドジェネリック(AG)を手掛けるアスペンジャパンに出向するMRを増やしてゆく橋頭保となるのではないでしょうか。ファイザーのエスタブリッシュ部門の立上げ、新薬部門を切り離して新会社を設立する動きに符合します。ファイザーのエスタブリッシュ部門も、給与の引き下げについて組合と協議を重ねている状況です。

 

マイランは、ファイザーの長期収載品とAGの強化策としてエスタブリッシュ部門に吸収されましたが、アボットの旧薬部門を買収したことにより日本法人を新たに設立するとされています。ファイザーの給与水準を踏襲することなく、ジェネリックMRに適した人件費に抑える為の施策と言えるでしょう。

 

エムスリー(東証1部上場、時価総額1兆円超)は今年の2月、メディサイエンスを子会社化しました。10月にCSO部門を切り離し、新会社としての船出となります。e-MRMR君)とリアルMRの融合効果を実証し、MRの適性コストを体現するのが目的です。

 

シミックMPSSCSO業界での更なるシェア向上に向け、欧米でセールスマーケ、テレセールス、サプライチェーンサービスを手掛けるアッシュフィールドと合資会社を設立。動きの激しいグローバルメガファーマの本社を抑えている事から、本国から日本支社への支持を先取りし、競合CSOの期先を制する戦略です。欧米では派遣MRの普及率が高く、日本も同じ軌跡を踏襲することを見越した動きと言えるでしょう。

 

全員閲覧可

「ラストランキング」

2017年12月27日

全員閲覧可

「横綱在位上位10人、勝率順位」

2017年11月29日

全員閲覧可

「衆議院獲得議席数」

2017年11月1日

全員閲覧可

(番外編)AIの陽と陰

2017年10月4日

全員閲覧可

「CSO各社のMR数ランキング」

2017年9月6日





他の連載コンテンツ