MRの医薬・医療業界での転職支援・人材紹介
  • ホーム
  • MCの特長
  • 転職支援サービス
  • 簡易登録
  • FFS診断
  • NewsWEEC Pick Up
  • WEEC REPORT
  • プレノミネート
MRの医薬・医療業界での転職支援・人材紹介
  • ホーム
  • MCの特長
  • 転職支援サービス
  • 簡易登録
  • FFS診断
  • NewsWEEC Pick Up
  • WEEC REPORT
  • プレノミネート

ホーム > NewsWEEC Pick Up > 勝手になんでもランキング > 「特定疾患医療受給者証所持者数」




NewsWEEC Pick Up メディカルキャリアのメールマガジン『NewsWEEC』から、選りすぐりのコンテンツを掲載


全員閲覧可

「特定疾患医療受給者証所持者数」

2014年12月24日 水曜日

1位 潰瘍性大腸炎                15万5116人(18.14%)

2位 パーキンソン病             12万6211人(14.76%)

3位 全身性エリテマドーデス

                                           6万1528人(7.19%)

 : 

 :

54位 亜急性硬化性全脳炎     88人(0.01%)

55位 重症多形滲出性紅斑     68人(0.0079%)

56位 拘束型心筋症        31人(0.0036%)

 

  (※詳細は下記参照)

 

先週「パテントクリフ」を取り上げた際、低分子から高分子薬、生物学的製剤を中心としたオーファンドラッグの開発に各社がシフトしていることをお伝えしました。

 

こと転職市場においても、MRとして専門性を磨ける機会を求め、オーファンを扱うバイオベンチャーやスペシャリティーファーマに関心が高まっています。

 

ランキング上位5位までで、難病患者数の50%を超える状況にあります。一概にオーファンと言っても、患者数が1000人を下回るものをウルトラオーファンと区別しています。

 

つい先週、ネットリサーチ大手のマクロミルとケアネットが新会社設立を発表しました。設立趣旨は、オーファン開発の増加に伴う市場調査需要の高まりを受けて、とのことです。

 

ドクターにとって最も重要な職責は、疾患を特定することです。誤診から見当違いの治療が繰り返されるのであれば、折角の創薬も患者も浮かばれません。ウルトラオーファンに限って換言すれば、疾患が特定されさえすれば、担当製剤の処方に結びつきます。

 

これまではレジメ作成まで踏み込めるオンコロジー領域に人気が集中して来たのですが、より踏み込んだ仕事を求めるのであれば、希少疾患の患者を特定する仕組み作りから携わり、KOLへの橋渡しを演出するまでのマーケティング力が磨かれるのがオーファン担当MRです。こうした取り組みにはネットリサーチの親和性が高いと新会社設立に至ったのでしょう。

 

一方で、ある希少疾患の専門性を磨けたとしても、次なる転職の際には役立つのか?との疑問が浮かびます。結論を申し上げれば、オーファン分野において、先述したマーケティング力を身に付けたMRは重用されます。あえてリスクを勘案するなら、複数社が競合しないことで市場原理が働かず、組織運営の健全性が保たれ難いことでしょうか。

 

あくまでも一般論ですが、患者が少なく処方を独占している少数精鋭の組織は、管理職の胸先三寸で評価が変わってしまう可能性を内包しています。

 

あるメーカー(社名は伏せます)では、管理職が入れ替わる度に自ら息のかかったMRを引き連れてくることから、既存のMRは梯子を外され退職者が後を絶ちません。

 

■長所は短所と表裏一体です。

 

小数精鋭ゆえにMRはマルチタスクが求められる結果、成長機会に恵まれます。問題は風向きが替わった時です。責任の追及が末端に挿げ替えられれば逃げ場が無くなるのも事実です。

 

製剤の魅力だけでなく、派閥、学閥、閨閥をも含めた企業文化を把握した上で、自らに適したメーカーを選んでいただけることをお勧め致します。

 

転職エージェントが皆様にレコメンドする情報は、患者の疾患を特定するドクターの職責に類します。数多ある情報の適不適を判断する上でも、我々が提供するセカンドオピニオンがお役に立てば幸いです。

 

「特定疾患医療受給者証所持者数(56疾患、計85万5061人)」

 

 1位 潰瘍性大腸炎              15万5116人(18.14%)

 2位 パーキンソン病           12万6211人(14.76%)

 3位 全身性エリテマドーデス

                                          6万1528人(7.19%)

 4位 強皮症                        4万9631人(5.8%)

 5位 クローン病                  3万8271人(4.47%)

 6位  後縦靭帯骨化症             3万5070人 (4.101%)

 7位  網膜色素変性症             2万7937人 (3.267%)

 8位  特発性拡張型心筋症       2万6556人 (3.106%)

 9位  脊髄小脳変性症             2万6250人 (3.07%)

10位  特発性血小板減少性紫斑病  

                                           2万4956人(2.919%)

11位  サルコイドーシス         2万4487人(2.864%)

12位  原発性胆汁性肝硬変      2万1013人(2.457%)

13位  重症筋無力症               2万691人(2.42%)

14位  間脳下垂体機能障害      1万9204人(2.246%)

15位 ベーチェット病           1万9147人(2.23%)

16位 多発性硬化症              1万8082人(2.11%)

17位  モヤモヤ病                  1万6086人(1.881%)

18位  特発性大腿骨頭壊死症     1万6035人(1.875%)

19位  多系統萎縮症               1万1956人(1.398%)

20位  結節性動脈周囲炎         1万674人(1.248%)

21位  混合性結合組織病         1万539人(1.233%)

22位  再生不良性貧血            1万428人(1.22%)

23位 筋萎縮性側索硬化症      9240人(1.08%)

24位  特発性間質性肺炎            7697人(0.9%)

25位  ビュルガー病                    6979人(0.816%)

26位  悪性関節リウマチ              6433人(0.752%)

27位  大動脈炎症候群                 6101人(0.714%)

28位  広範脊柱管狭窄症              5632人(0.659%)

29位  天疱瘡                             5596人(0.654%)

30位  慢性炎症性脱髄性多発神経炎 

                                              4018人(0.47%)

31位  神経線維腫症                    3794人(0.444%)

32位  肥大型心筋症                    3616人(0.423%)

33位  黄色靱帯骨化症                 3088人(0.361%)

34位 肺動脈性肺高血圧症          2587人(0.3%)

35位  ウェゲナー肉芽腫症           2176人(0.254%)

36位 慢性血栓塞栓性肺高血圧症 2140人(0.25%)

37位  アミロイドーシス              2016人(0.236%)

38位  膿疱性乾癬                       1938人(0.227%)

39位  重症急性膵炎                    1730人(0.202%)

40位  スモン                             1473人(0.172%)

41位  原発性免疫不全症候群        1458人(0.171%)

42位  ミトコンドリア病              1246人(0.146%)

43位  球脊髄性筋萎縮症              1094人(0.128%)

44位 ライソゾーム病                  967人(0.11%)

45位 ハンチントン病              897人(0.1%)

46位 脊髄性筋委縮症              797人(0.093%)

47位 リンパ脈管筋腫症           586人(0.068%)

48位 プリオン                   487人(0.056%)

49位 表皮水疱症                    353人(0.041%)

50位 バッド・キアリ症候群       264人(0.03%)

51位 難治性肝炎の劇症肝炎       253人(0.029%)

52位 副腎白質ジストロフィー      195人(0.022%)

53位 家族性高コレステロール血症 

                                    155人(0.018%)

54位 亜急性硬化性全脳炎       88人(0.01%)

55位 重症多形滲出性紅斑       68人(0.0079%)

56位 拘束型心筋症          31人(0.0036%)

 

出典:財団法人 難病医学研究財団/難病情報センター

 

全員閲覧可

「ラストランキング」

2017年12月27日

全員閲覧可

「横綱在位上位10人、勝率順位」

2017年11月29日

全員閲覧可

「衆議院獲得議席数」

2017年11月1日

全員閲覧可

(番外編)AIの陽と陰

2017年10月4日

全員閲覧可

「CSO各社のMR数ランキング」

2017年9月6日





他の連載コンテンツ