MRの医薬・医療業界での転職支援・人材紹介
  • ホーム
  • MCの特長
  • 転職支援サービス
  • 簡易登録
  • FFS診断
  • NewsWEEC Pick Up
  • WEEC REPORT
  • プレノミネート
MRの医薬・医療業界での転職支援・人材紹介
  • ホーム
  • MCの特長
  • 転職支援サービス
  • 簡易登録
  • FFS診断
  • NewsWEEC Pick Up
  • WEEC REPORT
  • プレノミネート

ホーム > NewsWEEC Pick Up > 勝手になんでもランキング > 「漫画売り上げランキング」




NewsWEEC Pick Up メディカルキャリアのメールマガジン『NewsWEEC』から、選りすぐりのコンテンツを掲載


全員閲覧可

「漫画売り上げランキング」

2017年5月17日 水曜日

 「漫画売り上げランキング」

 

部数           印税                                                  

1位 ワンピース(尾田栄一郎)

   3億4,000万部         170億円                            

2位 ゴルゴ13(さいとう・プロダクション)               

   2億部        100億円               

3位 ドラゴンボール(鳥山明)                           

   1億5,700万部   78億5,000万円                             

4位 こちら葛飾区亀有公園前派出所(秋本治) 

   1億5,650万部        78億2,500万円                              

5位 名探偵コナン(青山剛昌)                      

   1億4,000万部        70億円                                            

6位 NARUTO(岸本斉史)

   1億3,500万部        67億5,000万円                              

7位 美味しんぼ(芦屋哲/花咲アキラ)

   1億3,000万部        65億円                

8位 SLAM DUNK(井上雅彦)

   1億2,000万部        60億円                                            

9位 ドラえもん(藤子・F・不二雄)

   1億部                   50億円                              

9位 鉄腕アトム(手塚治虫)

   1億部                   50億円                              

9位 タッチ(あだち充)

   1億部                   50億円                                            

9位 北斗の拳(武論尊/原哲夫)

   1億部                   50億円                              

 

※印税は1冊の定価500円で換算、出版社の利益は印税の6倍

 

マイクロソフトが60の言語に対応する自動翻訳ソフトを発表しました。ここまでくればスムースな音声変換も時間の問題で、母国語で世界中の人間とコミュニケーションが取れる時代が目前に控えています。

 

テクノロジーの進化はどこ吹く風、文科省は小学校から英語教育の必須化を進めています。果たして、これまで以上に英語教育に時間を割く必要があるのでしょうか?

 

先日、不況と言われる出版業界の実情を伺う機会がありました。小説、ノンフィクションと業績は下降線の一途をたどり、活字離れを食い止めようにも、優秀な編集者はそろって漫画部門に配属されているため見通しは暗いのだとか。

 

日本語は、漢字、ひらがな、カタカナと表記が多岐にわたり、漫画となじみが良いと言われています。

 

ひらがな、カタカナは他の言語と同じく論理を司る左脳を使うのに対し、象形文字の多い漢字は、画像として感覚を司る右脳が使われるのだそうです。画と吹き出し(言葉)で構成される漫画は、脳全体を使う日本語に親しんだ面々が生み出したからこそ、世界で通用する普遍性を持ち得たのかもしれません。

 

優れた漫画作品は、必ずしも一人の天才によって生みだされるとは限りません。ストーリーの構成に優れた「原作者」と、機微をうがつ画力をもった「作画者」と、読者ニーズを知悉している「編集者」による分業(合作)も増えているようです。総合芸術と言われる映画が、プロデューサー、監督、脚本、俳優、美術、音響、配給と、各専門家の英知が合わさったものであるように、優秀な編集者が増えることで、漫画も遠からず爛熟期を迎えるのかもしれません。

 

■英語(教育)を通じて見えてくるもの

 

英語は受験科目のひとつだからと仕方なく学んでいる学生もあれば、仕事上の武器として自らブラッシュアップに努める方もおられるでしょう。何れにせよ、日本語(国語)が身についていなければ、英語を正確に理解し美しく使用するのは難しく、「活字離れの解消」へ向けた投資(教育)が最も大切だとの結論に立ち返ることにならないでしょうか。

 

職務経歴書はもっとも書き手の人間性が表れます。あるITエンジニアの派遣会社では、職務経歴書をAI(人工知能)で分析することにしたところ、それまで人間を介して平均5社のアレンジを経て配属が決まっていたものが、8割は1社目でマッチングできるようになったそうです。

 

経験を積んだキャリアアドバイザーがAIに取ってかわられるにしても、職務経歴書に漏れなくご本人の持つ強みや魅力を書き込めなければベストマッチングは生まれないのです。

 

全員閲覧可

「ラストランキング」

2017年12月27日

全員閲覧可

「横綱在位上位10人、勝率順位」

2017年11月29日

全員閲覧可

「衆議院獲得議席数」

2017年11月1日

全員閲覧可

(番外編)AIの陽と陰

2017年10月4日

全員閲覧可

「CSO各社のMR数ランキング」

2017年9月6日





他の連載コンテンツ