MRの医薬・医療業界での転職支援・人材紹介
  • ホーム
  • MCの特長
  • 転職支援サービス
  • 簡易登録
  • FFS診断
  • NewsWEEC Pick Up
  • WEEC REPORT
  • プレノミネート
MRの医薬・医療業界での転職支援・人材紹介
  • ホーム
  • MCの特長
  • 転職支援サービス
  • 簡易登録
  • FFS診断
  • NewsWEEC Pick Up
  • WEEC REPORT
  • プレノミネート

ホーム > NewsWEEC Pick Up > 勝手になんでもランキング > 「高額絵画」




NewsWEEC Pick Up メディカルキャリアのメールマガジン『NewsWEEC』から、選りすぐりのコンテンツを掲載


全員閲覧可

「高額絵画」

2016年9月7日 水曜日

1位 クーニング       336億円(インターチェンジ)

2位 ゴーギャン       336億円(いつ結婚するの)

3位 セザンヌ          307億円(カート遊びをする人々)

4位 ポロック          224億円(No.17A)

5位 レンブラント    202億円(コーピットの肖像)

6位 ピカソ             201億円(アルジェの女たち)

7位 モディリアーニ 191億円(横たわる裸婦)

8位 ポロック          185億円(No.5,1948)

9位 クーニング       182億円(女性Ⅲ)

10位 ピカソ           170億円(夢)

 

■山が動く

 

変わりようが無いと信じられていた価値観が覆り、刷新されることを指す言葉です。終戦を跨いだ先達はコペルニクス的転回を体感し、物事を端から疑って掛かる傾向が強くなったと言われます。そんな面々であればこそ、戦後復興期の中小(ベンチャー)企業を世界に冠たる規模に成長させ、瞬く間に先進国の仲間入りを実現させたのも必然かもしれません。

 

昭和のバブル経済破綻を境に、銀行を中心としたエスタブリッシュメント企業群の株式持ち合いが解消されたことで市場流動性が高まり、株式上場による直接金融が活発になりました。その流れを後押ししたのが軍用から民業に開かれたインターネットです。産業革命と並び称されたeコマースの広がり(BtoCからCtoCへ)を受けてSNSが生まれ、現在は人工知能を活かしたIoTに主戦場を移しています。

 

■ビジネスも芸術も、評価は革新性の有無

 

絵画の世界でも評価を受けるのは、新たな画風を確立したことで潮目を変えた作品となります。かつての西洋画は、実写力を競う宗教画が中心を占めた写実主義の時代から、マネにより色彩の効果を強調する光彩に力点を置いた印象派が生まれます。新たな潮流の萌芽に刺激され、創作意欲を刺激されたのがポスト印象派の画家達です。彼らの画風はそれぞれにオリジナリティーに富み、浮世絵に影響を受けたとされるゴッホは強烈な色と大胆な絵の具使いが特徴です。様々な新たな取り組みを受けて衝撃的な作画を物したのは、多角的な視点を一枚の画に盛り込んだピカソとなります(キュビスム)。その後、商業の隆盛を受けた広告をアートに昇華させたのがアンディー・ウォーホルらの手がけたポップアートです。

 

【印象派】

マネ(仏)          1832年生まれ

モネ(仏)          1840年生まれ

ルノアール(仏) 1841年生まれ

 

【ポスト印象派】

セザンヌ(仏)    1839年生まれ(近代絵画の父)

ゴーギャン(仏) 1848年生まれ

ゴッホ(蘭)       1853年生まれ

 

【象徴派】

クリムト(奥)    1862年生まれ

 

【キュビスム】

ピカソ(西)       1881年生まれ

 

【アクション・ペインティング】

クーニング(蘭) 1904年生まれ

ポロック(米)    1912年生まれ

 

【ポップアート】

ウォーホル(米) 1928年生まれ

 

ある日突然、天才が突飛な発想を物したとしても、鑑賞する側の見る目がついていけたでしょうか。時間の経過によって育まれた審美眼と時代が重なって、初めて支持を集めるのでしょう。

 

現にゴッホは37歳で生涯を閉じるまで、評価されることはありませんでした。晩年評価を受けたセザンヌを鑑みれば、ゴッホが長生きしなかったのは気の毒でなりません。ピカソにしても最初から抽象画を描いていたわけではありません。若くして評価を受けていたとは言え、名画の模写から始めているのです。彼は特に画風が変わった多作の画家と言われますが、心境の変化と共に変わる作品の数々に触れる機会を増やす演出で支持層を育てたとも言えるでしょう。ちなみにこの時代の画家は、揃ってフランスに集って研鑽に努め、その後の前衛芸術、現代アートは経済の隆盛に呼応しアメリカにホットスポットが移りました。

 

興味深い事例を紹介します。ボディービルダーの多くが通うゴールドジムは、マッチョの聖地としても人気を集めています。その理由は、高重量のベンチプレスを挙げる現場を目の当たりにすることで、自分も出来るのではないかとの意識が生まれ、限界を超えられるのだそうです。ライザップがCMで有名人の変化を具体的に示し、集客に成功しているのも同じ理屈でしょう。

 

切磋琢磨できる同胞が集う場を設けることができれば、あるいは意思をひとつにまとめ皆が揃って信じ切ることができれば、山を動かせるのです。

 

■時の利、地の利、人の和

 

「天の時は地の利に如かず 地の利は人の和に如かず」(孔子)

 

以上の言葉をビジネスに例えるなら、絶好のビジネスチャンスが到来したからとは言え、相応しい人材が揃っていなければならず。さらに本気で取り組もうと思えていなければ、結局は実を結ばないことを表しています。MRの皆さんは、新たなMR像が生まれようとする端境期を迎えています。誰が山を動かすのでしょうか。その騎手は皆さんの身近にいらっしゃるかもしれませんし、あるいは皆さん自身なのかもしれませんね。

 

11位 クリムト     177億円(バウアーの肖像Ⅰ)

12位 ゴッホ        170億円(医師ガシェの肖像)

13位 ベーコン     162億円(ルシアン・フロイドの3つの習作)

14位 ルノアール  161億円(ムーランド・ラ・ギャレット)

15位 ピカソ        146億円(パイプを持つ少年)

16位 ムンク        139億円(叫び)

17位 ピカソ        130億円(ヌード、観葉植物と胸像)

18位 ゴッホ        126億円(郵便配達人・ジョゼフ・ルーラン)

19位 ピカソ        125億円(ドラ・マールと猫)

20位 ゴッホ        124億円(アイリス)

 

【モネ】

100億円(睡蓮の泉)

 

【ルノアール】

161億円(ムーランド・ラ・ギャレット)

 

【セザンヌ】

307億円(カート遊びをする人々) 

100億円(リドー、リュション、コンポティエ)

 

【ゴーギャン】

336億円(いつ結婚するの)

 

【ゴッホ】

170億円(医師ガシェの肖像)

126億円(郵便配達人・ジョゼフ・ルーラン)

124億円(アイリス)

116億円(自画像)

114億円(糸杉のある小麦畑)

97億円(ひまわり)

 

【クリムト】

177億円(バウアーの肖像Ⅰ)

116億円(バウアーの肖像Ⅱ)

 

【ピカソ】

201億円(アルジェの女たち)

170億円(夢)

146億円(パイプを持つ少年)

130億円(ヌード、観葉植物と胸像)

125億円(ドラ・マールと猫)

110億円(ペレットの婚礼)

109億円(Yo,Picasso)

105億円(曲芸師と幼いアルルカン)

103億円(腕を組んで座る女)

96億円(庭の女)

 

【クーニング】

336億円(インターチェンジ)

182億円(女性Ⅲ)

 

【ポロック】

224億円(No.17A)

185億円(No.5,1948)

 

【アンディー・ウォーホル】

123億円(8人のエルヴィス)

120億円(シルバー・カー・クラッシュ)

105億円(ターコイズ・マリリン)

95億円(緑色の惨事10回)

80億円(Men in Her Life)

全員閲覧可

「ラストランキング」

2017年12月27日

全員閲覧可

「横綱在位上位10人、勝率順位」

2017年11月29日

全員閲覧可

「衆議院獲得議席数」

2017年11月1日

全員閲覧可

(番外編)AIの陽と陰

2017年10月4日

全員閲覧可

「CSO各社のMR数ランキング」

2017年9月6日





他の連載コンテンツ