MRの医薬・医療業界での転職支援・人材紹介
  • ホーム
  • MCの特長
  • 転職支援サービス
  • 簡易登録
  • FFS診断
  • NewsWEEC Pick Up
  • WEEC REPORT
  • プレノミネート
MRの医薬・医療業界での転職支援・人材紹介
  • ホーム
  • MCの特長
  • 転職支援サービス
  • 簡易登録
  • FFS診断
  • NewsWEEC Pick Up
  • WEEC REPORT
  • プレノミネート

ホーム > NewsWEEC Pick Up > 健康人事委員会便り > ~健康人事委員会便り 第17号~




NewsWEEC Pick Up メディカルキャリアのメールマガジン『NewsWEEC』から、選りすぐりのコンテンツを掲載


全員閲覧可

~健康人事委員会便り 第17号~

2015年10月7日 水曜日

わたくしどもは「元気で健康な社員は、企業成長の源泉です!」を事業理念に、様々な活動を行っています。

 

最近取り組んでいる大きなテーマは、以下の2つです

・12月に義務化される「ストレスチェック制度」(心理的な負担を把握する検査)

・若手社員の離職防止(モチベーション向上対策含む)

 

■社員に対する諸制度は、何を目的に実施されるのか

 

「人事として社員にどこまで施策を行えばよいのか」というご質問を人事の方からよく受けます。

 

制度の目的はもとより、重要なのは実施していく過程を通じて企業風土(文化)が醸成されることです(※既に産業保健関係の研究者が実証を試みています)。

 

逆説的ですが、会社としてステークホルダー(株主、お客様、社員)に果たしたい責務があればこそ、存続させる意味がある、と言われ始めています。

 

責務を考察してみると、経済的責務~法的責務~倫理的責務~裁量的責務と4段階でステップアップしていきます。

 

■人事の課題が経営課題に直結する

 

健康人事委員会としては、人事の課題が経営課題に直結するケースが多くなってきたと感じています。

 

経営課題の4段階について解説します。

 

1) 経済的責務【ECONOMIC RESPINSIBILITIES】

社会のニーズに応える製品・サービスをつくりだし、資本の確保と事業継続に必要な水準の利益を実現しながら供給・販売すること。その活動を通じた納税と雇用創出。企業にとって最も基本的な社会責務。

 

2) 法的責務【LEGAL RESPINSIBILITIES 】

社会の定めた法制度や規制の枠組みのなかで経済活動を営むこと。

例:労働関連法令、環境規制、知的所有権法令等の遵守

 

3) 倫理的責務【ETHICAL RESPINSIBILITIES 】

法的水準を超える倫理的要請。

例:フェアトレード、労働衛生環境のさらなる整備、適正な給与水準、カウンセリング、食事提供など

 

4) 裁量的責務【DISCRETIONARY RESPINSIBILITIES 】

個々の企業の裁量・自発的選択に委ねられ、参画しなくとも非倫理的とは見なされない。

例:社会課題の解決を目指す営利事業の選択、雇用創出を目的とした製造現地化や販売網構築、社会的価値の高い製品サービスの購買等

 

さて、皆さんの会社はどのステージにありますでしょうか?

これからご転職される方は、このような観点から企業分析をされることもお勧めします。

 

次号以降も、何回かに分けて、生命関連産業に属する製薬業界とも縁の深そうな「社会的価値」と「経済的価値」について考えてみたいと思っています。

 

ハロウィーンを過ぎると、2016年の声が聞こえてきますね。時の過ぎるのは早いものです。

 

全員閲覧可

~健康人事委員会便り 第43号~

2017年12月6日

全員閲覧可

~健康人事委員会便り 第42号~

2017年11月8日

全員閲覧可

~健康人事委員会便り 第41号~

2017年10月11日

全員閲覧可

~健康人事委員会便り 第40号~

2017年9月13日

全員閲覧可

~健康人事委員会便り 第39号~

2017年8月9日





他の連載コンテンツ