MRの医薬・医療業界での転職支援・人材紹介
  • ホーム
  • MCの特長
  • 転職支援サービス
  • 簡易登録
  • FFS診断
  • NewsWEEC Pick Up
  • WEEC REPORT
  • プレノミネート
MRの医薬・医療業界での転職支援・人材紹介
  • ホーム
  • MCの特長
  • 転職支援サービス
  • 簡易登録
  • FFS診断
  • NewsWEEC Pick Up
  • WEEC REPORT
  • プレノミネート

ホーム > NewsWEEC Pick Up > 健康人事委員会便り > ~健康人事委員会便り 第40号~




NewsWEEC Pick Up メディカルキャリアのメールマガジン『NewsWEEC』から、選りすぐりのコンテンツを掲載


全員閲覧可

~健康人事委員会便り 第40号~

2017年9月13日 水曜日

時代の変化に企業が対応するためにも、「理念型経営」に取り組む中小企業が増えています。

 

企業には経営理念、社是、行動指針が存在し、各社に息づいている価値観と深い関係があります。企業の価値観とは、創業者、社長、社員の誰もが拠り所とする「その会社が大切にする基本的な考え方」を指します。企業も人と同じく固有の価値観を持っていて、行動や決断、在り方に大きな影響を与えています。

 

経営理念や行動規範は、目に見えない価値観を分かりやすく明文化したものであり、深いところで会社を支えていると考えられています。企業の始まりが創業者の志(やりたいこと)であったのと同じく、価値観も創業者自身に拠るものです。創業時の業態が時代とともに移り変わるように、経営理念も表現を変えることがあります。ただし、その基盤となる価値観はいつの時代にも変わらず、深いところで広く大きく横たわっています。

 

先日、日本において経営を長きにわたって継続してきた企業の持つ共通の価値観について調べてみました。

 

その前に、一般的な日本企業の価値観について考えてみます。

 

日本企業ひいては日本企業が美徳とする価値観には、「誠実」「謙虚」「堅実」「調和」「感謝」といった表現が多いことに気付きました。ただし抽象的で分りにくいため、「何に対して」「どのように誠実であるのか」、具体的な表現が必要になってきます。

 

よく言われるのは「顧客第一主義」です。お客様を第一に考える姿勢や、継続的に価値を提供し続けようとする努力が、「誠実」という価値観を表しています。

 

次に取引先(仕入先)です。安定した取引を生む責任感が、「取引先との共存共栄を図る」、「長期的な信頼関係を保つ」という形になって表れます。

 

社員に対しても同じです。終身雇用の時代は終わりを迎えましたが、多くの企業が雇用を維持する努力をしています。人を大切にするという価値観に沿って、福利厚生の充実や人材育成にも力を入れて、働きやすい職場環境創りを目指します。

 

本社や支社、工場がある地域社会に対しても様々な形で価値観が表現されています。

 

CSR、CSVという言葉が世の中に浸透し始めていますが、地域に一定額の寄付、各種イベントの支援や社員のボランティア活動を奨励し、地域貢献を実施する企業も増えています。

 

以上を踏まえ、長い期間において、価値観を大切に守ってきた企業の共通項がわかりました。

 

一番目は、トップである社長の役割です。社長は創業家が形成してきた価値観を時代にあわせて柔軟に解釈し、率先垂範で行動しながら有名無形で伝え続ける役割が求められます。

 

次に社長の跡を取る後継者には、長期にわたって社長と併走するプロセスが必要です。言葉だけでは伝えきれない価値観は、社長の傍らで時間をかけて理解することで継承されるようです。後継者が価値観を体感、体現できて初めて次期トップとして自他に認められる存在となります。

 

さらに、社員に対する研修やイベントを通じて後世に繋げて行く必要があります。

 

最後に、同じ価値観を持つ自社内の人間が、社外の関係者(顧客、仕入先、地域)と関係を築いていく体験によって、価値観の大切さを実感するようになります。

 

自社の価値観に基づく行動をとった社員がお客様から感謝されたり、ありがとうと言われると、その価値観に自信を持つことができます。その結果、より深く価値観が浸透し、大切に思い、後輩に伝えようという動機になるのです。

全員閲覧可

~健康人事委員会便り 第43号~

2017年12月6日

全員閲覧可

~健康人事委員会便り 第42号~

2017年11月8日

全員閲覧可

~健康人事委員会便り 第41号~

2017年10月11日

全員閲覧可

~健康人事委員会便り 第40号~

2017年9月13日

全員閲覧可

~健康人事委員会便り 第39号~

2017年8月9日





他の連載コンテンツ