MRの医薬・医療業界での転職支援・人材紹介
  • ホーム
  • MCの特長
  • 転職支援サービス
  • 簡易登録
  • FFS診断
  • NewsWEEC Pick Up
  • WEEC REPORT
  • プレノミネート
MRの医薬・医療業界での転職支援・人材紹介
  • ホーム
  • MCの特長
  • 転職支援サービス
  • 簡易登録
  • FFS診断
  • NewsWEEC Pick Up
  • WEEC REPORT
  • プレノミネート

ホーム > NewsWEEC Pick Up > 健康人事委員会便り > ~健康人事委員会便り 第8号~




NewsWEEC Pick Up メディカルキャリアのメールマガジン『NewsWEEC』から、選りすぐりのコンテンツを掲載


全員閲覧可

~健康人事委員会便り 第8号~

2015年3月18日 水曜日

草木が生い茂る弥生月も半分が過ぎ、皆様におかれましては、お忙しくお過ごしの事と存じます。時節柄、花粉症で仕事がはかどらないと思い悩む方も多いかもしれません。

 

先日の日経ビジネスONLINE版に「花粉症、企業の損失は精神疾患の2倍」という記事が掲載されました。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/opinion/20130424/247156/?rt=nocnt

 

さて本日は、会社で働く方々の生産性(成果)≒稼ぐ力、をテーマにお話させて頂きます。

 

健康人事委員会では、「元気で健康な(仕事に誇りを持ち、仕事にエネルギーを注ぎ、仕事から活力を得て活き活きしている)社員は企業成長の源泉です。」をビジョンに活動を行っています。

 

先日、とあるセミナーで組織風土改革のコンサルタントと、職場内ハイパフォーマー分析を行っている人事コンサルタントの御両名とパネラーとして登壇させてもらう機会に恵まれました。

 

主題は「社員が活き活きと働く会社の条件」と「稼げる人と稼げない人の習慣」です。

 

今回は、いかなる職場でも結果を出せる人たちの共通項を学ぶことができました。結論は、学歴や職歴というラベルではなく、自分のブランドで勝負ができるということです。つまり、自分の「持ち味」に合わせた「稼ぐスキル」に気付き、身につけること。そして「稼ぎ続ける」流儀(施行・行動・生活習慣)を持つこと。驚いたことに、この見解は日本国内、アメリカ、EU諸国だけでなく、中国、インド、ジンバブエでも一緒であったそうです。

 

当該人事コンサルタントの著書『「稼げる人」「稼げない人」の習慣』にある項目をご紹介させて頂きます。

 

1)稼げる人は「捨てる基準」をつくり、稼げない人は「残す基準」をつくる。

2)稼げる人は「期日を守り」、稼げない人は「期日を決めない」、守らない。

3)稼げる人は相手の期待を「少しだけ」上回り、稼げない人は「完璧」を目指す。

4)稼げる人は期待値が「低く」、稼がない人は期待値が「高い」。

5)稼げる人は文章が「わかりやすく」、稼げない人は文章が「伝わらない」。

6)稼げる人は「分身」をつくり、稼げない人は「一人」で仕事に対応する。

7)稼げる人は「どこでも」仕事を行い、稼げない人は仕事場を「選ぶ」。

8)稼げる人は「一人」を口説き、稼げない人は「大勢」を魅了しようとする。

9)稼げる人は「真っ先」に発言し、稼げない人は「最後」に発言する。

10)稼げる人は「求められる自分」を目指し、稼げない人は「なりたい自分を」を目指す。

11)稼げる人は魅力を「AND」で考え、稼げない人は「OR」で考える。

12)稼げる人は「できる人」と認知され、稼げない人は「やりたい人」と認知される。

13)稼げる人は「投資」し、稼げない人は「消費」する。

14)稼げる人は「社外」から学び、稼げない人は「社内」だけで学ぶ。

15)稼げる人は「全ての人」の評価を気にし、稼げない人は「上司」の評価を気にする。

16)稼げる人は上司に「期待をせず」、稼げない人は上司に「理想像」を求める。

17)稼げる人は上司を「勝たせ」、稼げない人は上司に「反発する」。

18)稼げる人は話を「聞き」、稼げない人は自分で「しゃべる」。

19)稼げる人は「相手の主観」で考え、稼げない人は「自分」の主観で考える。

20)稼げる人は「相手」に判断を促し、稼げない人は「自分」で判断する。

21)稼げる人は「関係者全員」を物語の主役とし、稼げない人は「自分」が主役の物語に巻き込む。

22)稼げる人は「輪を広げ」て情報を集め、稼げない人は「自分だけ」で調べようとする。

23)稼げる人は「解決」を目指し、稼げない人は無駄に「悩む」。

24)稼げる人は視点を「ずらし」、稼げない人は「一般論」で物事を見る。

25)稼げる人は「どうすればできるか」から考え、稼げない人は「なぜ、できないか」から考える。

26)稼げる人は「今すぐ」やり、稼げない人は「後回し」にする。

27)稼げる人はありのままを「受け入れ」、稼げない人は現状を「ごまかす」。

28)稼げる人は「未来の自分」で判断し、稼げない人は「今の自分」で判断する。

29)稼げる人は「愛嬌」があり、稼げない人は「虚勢」をはる。

30)稼げる人は仕事を「楽しみ」、稼げない人は楽しい仕事を「探す」。

 

以上、30項目でした。

 

「稼げる」と聞いてネガティブな印象を持った方は、「無理に売り込む」とか、「相手を蹴落としてでも自分が儲かる」というような感覚に、とらわれたのではないでしょうか。

 

しかし実際は反対なのかもしれません。「稼げる人」とは、相手が勝つこと・喜ぶことを自らの楽しみとし、売り込みは不要なうえ、感謝されることが多いのではないでしょうか。

 

MRの皆さんも大きな変革の時代を迎えるうえで、「なりたい自分」ではなく、「求められる自分」を周りから聞き、応えようと一心不乱に続けるうち、気づいたら皆さんの後ろに「自分らしいキャリア」と言える道ができていると確信致します。微力ですが、私たちもお手伝いができるよう頑張って参ります。

 

全員閲覧可

~健康人事委員会便り 第43号~

2017年12月6日

全員閲覧可

~健康人事委員会便り 第42号~

2017年11月8日

全員閲覧可

~健康人事委員会便り 第41号~

2017年10月11日

全員閲覧可

~健康人事委員会便り 第40号~

2017年9月13日

全員閲覧可

~健康人事委員会便り 第39号~

2017年8月9日





他の連載コンテンツ